観光

鎌倉紅谷の「Bookmarkクルミッ子」を使ってみたら、本に愛着が湧きまくる♡

鎌倉紅谷といえばクルミッ子で有名ですが、最近ではそのクルミッ子のグッズが登場。中でも特に話題になったのが「Bookmarkクルミッ子」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鎌倉紅谷【公式&社長🐿️】(@kamakurabeniya)がシェアした投稿

「Bookmarkクルミッ子」は、リスの刺繍シールとクルミッ子のチャームが付いた表紙に貼るタイプのBookmarkです。

もう可愛すぎるでしょ!と思い、早速私も使ってみました。

Bookmarkクルミッ子を使ってみた。

Bookmarkクルミッ子は、B6からA5サイズに対応しています。なのでルーズリーフのような大きいものではなく、手のひらサイズの手帳や小説や漫画などに適しています。

ただ「Bookmarkクルミッ子」のリスくんの裏側はシールなので、つけたり外したりというよりかはお気に入りの本に貼ってずっと大事に使うもの。シールは強力なので、一度つけるとしっかりとついて簡単には剥がれません。

そして一度剥がしてしまうと粘着力が落ちるので、「どの本に使うか、どこに貼るのか」を見極めてから貼っていきます。

パッケージから出すとこんな感じ。クルミッ子の刺繍は両面どちらから見ても、クルミッ子の刺繍になっています。

小説のサイズだとこんな感じになります。長めで使いやすそうです。

大きめの漫画も余裕で使えます。

鎌倉のバイブル、ことりっぷも余裕で使えます。何に使おうか迷います(^^;)

私の大好きな御霊神社の御朱印帳。猫と江ノ電が可愛いくて、しかもあじさいの時期限定の御朱印帳カバー。好きすぎる♡カバーはビニール製なので、シールのつきも良さそうです。サイズ感もちょうどいい。

御朱印を提出する時にページが開けなくてもたついてしまう事があるので、これはサッと開けて便利!

最後に、私が愛用している手帳につけてみました。普段持ち歩かないので、B5のルーズリーフに皮のカバーをつけて使っています。でも流石にサイズ的に、Bookmarkとしては使えないようです。

結局、何につけようか散々迷った結果….。

じゃ〜ん!手帳に付ける事にしました。シールは皮にもしっかりと付きます。可愛い〜♡

Bookmarkとして使えないなら意味ないんじゃ…と思われるかもしれませんが、いつも使うものなので毎日このBookmarkが見れて幸せです。可愛いは正義!笑

御朱印帳もよかったですが、毎日使うものではないので辞めました。もはやBookmarkではなく飾りになってしまいましたが、毎日Bookmarkクルミッ子のおかげで元気が貰えてます。

Bookmarkクルミッ子の購入方法

「Bookmarkクルミッ子」は、

  • 八幡宮前本店・オンラインショップで、台紙白色バージョン
  • 六本木ヒルズ店で、台紙黒色バージョン

税込600円で販売されています。

オンラインショップでは「Bookmarkクルミッ子」の他にも、クルミッ子のマスキングテープやレターセットも販売しています。他のグッズも可愛いので、ぜひ覗いてみてください。→鎌倉紅谷公式オンラインショップ

まとめ

「Bookmarkクルミッ子」は毎日使う手帳や好きなブックカバーに貼ると、日々の癒しになるのでおすすめです。

本店には他にもクルミッ子グッズがあるので、それはまた別の機会にレポートしていきますので、楽しみにしてくださいね(^^)

ABOUT ME
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で飲み歩いて、地元の人や観光客とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉一泊ハシゴ酒の旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事も読まれています