ヒグラシ文庫がクラウドファンディングを実施!鎌倉の文化を一緒に守りませんか?

裏小町にある立ち飲み屋さん、「ヒグラシ文庫」。

小町通りを一本入った場所にあり、夜通ると怪しい動物の看板にどんなところなんだろうなぁとものすごく興味がわく場所です。

私はハシゴ酒が大好きですが、実は言うとまだヒグラシ文庫には行ったことがありません(一見で一人で入る勇気が出なかった)。

でも隣のお店テンスケには入ったことがあって、その時にめちゃくちゃ楽しかったのを覚えています。

当時は鎌倉に住んでいなかったですし、一見だし、一人だし、すごい怪しい女が来たって思われていたかもしれません。

でも店員さんもお客さんも温かく迎えてくれて、ちょっと一杯のつもりが楽しくて3、4杯飲んでほろ酔いになって宿に向かっていました。

カウンターしかない店内に、地元の人達が続々と集まってくる感じにもワクワク。

話していると、「鎌倉にはハシゴ酒している人が多くて、みんな顔見知りみたいなもんなんだよ。釣りとか行ったりもするよ。他の店でもバッタリ会うなんてこと日常茶飯事だから、仲良くなるんだよね」と教えてくれました。

私は都内や近郊に長く住んでいましたが、あまりそういう人と繋がれる場所がなく、仕事や友達以外で人との繋がりが欲しいと思ってもなかなか作れずにいました。

ぷらっと立ち寄って、いつものメンバーがいて、いつも楽しい。そんな場所に憧れていました。

テンスケの店員さんが、「ヒグラシ文庫も同じような感じで楽しいよ!」と教えてくれて、いつか絶対行こうと思っていた場所でした。

でもコロナの影響でなかなか経営が厳しいようです。ヒグラシ文庫だけでなく、他のお店も同様。

お酒を飲まない人は、ハシゴ酒なんて関係ないかもしれません。

でもこういう心が温まるような鎌倉の素敵な文化は、守る価値があるんじゃないかと思っています。

私も微力ですが、1000円寄付させて頂きました。

ヒグラシ文庫や裏小町を、一緒に支援しませんか?

キャンプファイヤーで行なっています。CAMP FIREはこちら>

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ひとみ ひとみ かまくらいふ編集長

世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は、鎌倉で食べ歩き&飲み歩き。日夜美味しいものを求めて鎌倉探訪する、旨いものハンター!

目次
閉じる