『鎌倉で蛍が見れるスポット5選』見頃や時期、お祭りを紹介♫

ホタルと共存する古都鎌倉。

鎌倉は水が綺麗なので、ほたるが見れるスポットがいくつもあります。そして街を流れている川でも普通に見れたりすることも。

ここでは鎌倉でほたるが見れる場所や穴場スポット、ほたるの時期や見頃、お祭りの情報を紹介します(^^)

目次

鎌倉で蛍が見れるスポット

鎌倉の蛍マップ

鎌倉広町緑地

鎌倉広町緑地は「ゲンジボタルとヘイケボタルが両方見られる」とても貴重な場所。動植物の生息地の保護を目的とした約48haの広大な緑地には、わき水が流れ込み質の高い生態系が維持されています。

ゲンジボタルが見れるのは、5月下旬〜6月。ヘイケボタルは、6月下旬〜7月。一般的に親しまれているのはゲンジボタルで、こちらの方が数多く見れます。

ゲンジボタルが見れるスポットは、「御所川沿い」「木道」「きはちの窪」「小竹ヶ谷」。ヘイケボタルが見れるスポットは、「田んぼ」「きはちの窪」。

ほたるは19:30〜20:30に活発に活動するそうで、21時以降はホタルもあまり光らないそう。なのでこの時間帯を狙って行くのが良さそうですね。

明るいうちにホタル観察ルートの奥へ行き、御所谷口方面に戻りつつホタルを観察するのがおすすめだそうです。

住所 鎌倉市津1133番地
電話 0467-32-5112
アクセス 湘南モノレール「西鎌倉駅」下車徒歩10分
公式ホームページ http://www.kamakurahiromachi.com/

 

鎌倉中央公園

鎌倉の中央に位置する鎌倉中央公園。こちらもゲンジボタルとヘイケボタルが見れる珍しいスポットです。

ゲンジボタルは5月下旬から6月中旬。ヘイケボタルは7月上旬から7月中旬が見頃。2020年はヘイケボタルが少し早くから見れそうとのことで、2つのほたるが見れる時期が被ってきているそうです。

ほたるが見れる場所は、公園の山崎口の小川から田んぼのあたり。山崎側の谷戸の方です。山崎口自体は18時で閉まってしまいますが、田んぼの方は24時間通れてほたるが見れるそうです。

ただ1番見れるのは山崎口周辺で、奥の方は公園灯も少なく少し危ないですし、山崎口周辺で見るのがおすすめ。19:30〜20:00が1番ほたるが見れる時間帯です。

住所 鎌倉市山崎1667番地
電話 0467-45-2750
アクセス ・市役所前バス停からミニバス→鎌倉中央公園下車〔約30分〕
・鎌倉駅東口バスターミナル『藤沢駅』または『大船駅』行き→梶原口下車→徒歩20分
・鎌倉駅東口バスターミナル『桔梗山・梶原』行き→日当下車→徒歩11分
・湘南モノレール湘南町屋駅→徒歩12分
公式ホームページ http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_cyuuou.html

 

散在ガ池森林公園(鎌倉湖)

鎌倉湖とも呼ばれる散在ケ池には、2.4kmの散策路がありその周辺には自然がそのまま残されています。北鎌倉の「明月院」脇の道を上っても行けますし、大船からバスでも行けます。

ただ公園灯がほとんどない場所なので、初めての人は慣れた人と行ったり、明るいうちに行って偵察に行った方が良さそうです。

住所 鎌倉市今泉台七丁目930番1
電話 0467-47-1176
アクセス JR大船駅東口5番バス乗り場から「大船駅(循環)」行→今泉不動下車→徒歩3分散在ガ池森林公園
公式ホームページ https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_sazagaike.html

 

称名寺(しょうみょうじ)

本堂右脇にホタルの養殖池があり、毎年6月初旬のほたるのいる時期のみ、平日土日関係なく開門時間を21時まで延長し、ほたる鑑賞ができるようになっています。

ここで養殖されたほたるが、散在ヶ池森林公園にも放たれているそうです。

2020年は6月1日から10日までほたるが見れたそうですが、もう時期が終わってしまったそうです。ほたるが見れる期間が短いので、電話で確認してから行った方が良さそうです。

住所 鎌倉市今泉4-5-1
電話 0467-45-1774
アクセス JR鎌倉駅東口からバスを乗り継ぐ、もしくはJR大船駅からバス
拝観料 志納
拝観時間 通常:8時~17時、ほたるの時期:8時~21時
公式ホームページ かまくら観光

 

鎌倉市立第二小学校の周辺

6月上旬〜下旬には、鶴岡八幡宮から北東、滑川(なめりがわ)上流の「鎌倉市立第二小学校」付近でホタルが見れます。公園ではなく、自然のほたるが楽しめますね。

住所 鎌倉市二階堂878
アクセス JR鎌倉駅東口からバス9分、もしくは徒歩20分

 

蛍の穴場スポット 鎌倉の川

蛍鎌倉の川では、至るところで蛍が目撃されています。

穴場なのは、

  • 二階堂川
  • 逆川(さかさがわ)大町付近
  • 小袋谷川(こぶくろやがわ)
  • 扇川、「巽神社」の右横の小さな川
  • 二又川
  • 砂押川の上流の今泉付近
  • 明月川の上流
  • 極楽寺(?)

ただ、はっきり川のどの辺にいるかというのはわかりません。地域の人に聞いたり、実際に歩いてみないとわからなそうですね(^^;)

公園のように一度に沢山のほたるは難しいかもしれませんが、自然のほたるを見れる場所が沢山あるってすごいですね。

あとは夜は入れませんが、建長寺の回春院や明月院の本堂後庭園などもいるという噂があります。

神奈川県には、蛍が見れるスポットは沢山ある

石川丸山谷戸(藤沢市)、金目親水公園(平塚市)、市沢・仏向の谷戸(横浜市保土ヶ谷)、瀬上沢ホタル生息地(横浜市栄区)、長井海の手公園・ソレイユの丘(横須賀市)、二宮せせらぎ公園(二宮町)、万葉公園内花木園(湯河原町)、中金井ほたるの里(厚木市)、松葉沢ホタル生息地(愛川町)、道保川公園(相模原市)

などなど。鎌倉だけでなく、神奈川県には沢山ほたるが見れるスポットがあります。

 

鶴岡八幡宮のほたるのお祭り「蛍放生祭」

毎年6月上旬に鶴岡八幡宮で行なわれる「蛍放生祭(ほたるほうじょうさい)」は、豊かな四季と生命の尊さを思い、生きることを神々に感謝する祭りです。

神事が行われた後、約千匹の境内で育った蛍が神職たちによって、舞殿の右奥側の「柳原神池」に放流されます。

催事中は池の中の遊歩道が開放され、期間外でも池の外から観察できます。ただ2020年はコロナウイルス感染防止のため、ほたる蛍放生祭は行われませんでした。また来年に期待ですね!

住所 鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話 0467-22-0315
アクセス JR鎌倉駅東口から徒歩10分
拝観料 志納
公式ホームページ https://www.hachimangu.or.jp/

 

鎌倉のほたるの時期や見頃は?

蛍ほたるはあじさいが咲く頃から見え始めて、あじさいが見頃のピークの時期にほたるも見頃のピークになる。と聞きますが、本当のところはわかりません。

ほたるの時期や見頃は、同じ鎌倉市内でも若干場所によって見頃や時期が異なってきます。

調べてみるとゲンジボタルが生息している場所が多く、だいたい6月上旬から中旬までが見頃。場所と年によっては、5月下旬頃の時もあるそう。ヘイケボタルは見れる場所は少ないですが、6月中旬から7月中旬です。

ほたるの時期は年々早くなる傾向にあり、2つのほたるが同時に見れるようになってきてるようです。

2つのほたるが見れるからといってほたるの数が倍になるわけではないですが、光り方が違うようなので両方見れる6月中旬から下旬に鑑賞するのも良さそうです。

ほたるがよく見れる時間は?

時間は19:30〜20:30。21時を過ぎると、どこもほたるは見えなくなってしまうそうです。

そしてほたるは雨が降る前後で、25度以上のジメッとした時が好き。ちなみにこの環境は、人が1番不快に思う気温と湿度だそうです。

梅雨のジメジメは嫌ですが、ほたるが沢山見れるならテンションも上がりますね♫

 

楽しくホタル鑑賞するためのマナー

蛍

①懐中電灯やスマホで照らさないこと

懐中電灯やスマホの光があると、ほたるは光るのをやめてしまったり、仲間と間違えてよってきてしまいホタル同士が出会えず繁殖出来なくなる原因にもなります。

ほたるは光でコミュニケーションをとるので、人間はそれを見えて貰って存在です。人間の光でほたるの邪魔をしないようにしましょう。

②明るいうちから入って、周りを確認しておく

元から土地勘がある場所なら大丈夫ですが、初めて行く場所だと暗いと迷ってしまったり、道を間違えて辺な場所に行ってしまう可能性もあります。

そして明るいうちから外にいれば、目が慣れるので懐中電灯は不要。余計な灯を使わなくてすみます。

鎌倉のほたるが見える場所は、夜管理人がいるようなスポットではありません。なので迷うと大変です。土地勘がない場合は、早くから入って周りを把握して、ほたるが活動しなくなる20時半には帰るようにしましょう。

③横道に入らない

散策路の外にはほたるの住処があったり、足場の悪いところも多いので危険です。歩く時は足場の良い散策路を歩きましょう。

④ほたるは採らない、持ってこない

ほたるは捕まえても人の飼育では生きられません。そして他の場所のほたるは持ち込んでしまうと、違う遺伝子が混じってしまい生態系が崩れてしまうことも。

毎年見れていたほたるが見れなくなってしまうのは、とても悲しいですよね。これからもずっと見れるように、「ほたるは採らない、持ってこない」でほたるは大切に守りましょう。

蛍は放流したり、人の手で守られている

鎌倉では昔は今より広範囲に沢山のホタルがいたそうですが、環境開発の影響で生息範囲が縮小してしまったそうです。

それに危機感を感じた地元のNPOの方々が、ほたるの幼虫カワニナを放流したり、小川の清掃を行いホタルが成育できる環境を守っています。

ほたるは鎌倉の風物詩。しっかりルールを守って、元気に飛び回る蛍を毎年見れるようにしていきたいですね(^^)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ひとみ ひとみ かまくらいふ編集長

世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は、鎌倉で食べ歩き&飲み歩き。日夜美味しいものを求めて鎌倉探訪する、旨いものハンター!

コメント

コメントする

目次
閉じる