カフェ

絶景の樹ガーデン!人気メニュー・アクセス方法・おすすめの席を解説

アイキャッチ画像

鎌倉の樹ガーデンは、まるで天空にいるような気分にさせてくれます。

と言うのも樹ガーデンは岸壁に作られているので、大きな木々の中腹にカフェがある感じ。

なので空も近いし、木も近い!
それで『天空カフェ』と呼ばれているんですね。

cafe terrace 樹ガーデンは、

  • 木々や自然に囲まれて食事や飲み物が楽しめる
  • 全席テラス席
  • 富士山が大きく見えて絶景!

とっても気持ちがいい場所なので、私のお気に入りのカフェのひとつです。デートやハイキングの休憩で大切な人を連れて来たら、喜ばれること間違いなし!

ここではcafe terrace 樹ガーデンの魅力や、メニュー、混雑状況、おすすめの席、紅葉情報などを紹介していきますね(^^)

 

樹ガーデンの詳細

看板
住所神奈川県鎌倉市常盤917
電話0467-31-4869
営業時間平日10:00から16:30/土日祝9:30から16:30
4月1日~平日10:00から17:30/土日祝10:00から18:00
定休日火曜日(年末年始)
駐車場あり。12台
食べログで口コミを見るhttps://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14004197/
公式ホームページhttp://itsuki-garden.com/
  • 予約不可
  • 雨の日でも営業しているけど、台風は休業
  • 飲み物、食事の持ち込みNG
  • 場内は禁煙
  • 犬、ペットOK
  • クレジットカードOK(JCB、Master、VISA)
  • 2015年からBBQは中止

※注意
2019年9月の台風で樹ガーデン周辺のハイキングコースも倒木の為、全面通行禁止です。(2019年12月23日現在)樹ガーデンも台風で休業していましたが、今は変わらず営業を再開しています。ハイキングコースの再開については、鎌倉観光公式ガイド>をご覧ください。

#樹ガーデンでインスタを検索すると、他にもオシャレな写真がアップされているので要チェックです♫ #樹ガーデン>

 

樹ガーデンのアクセス方法

看板樹ガーデンに行く方法はいくつかあります。

  • 鎌倉駅西口から徒歩15分
  • 大仏ハイキングコースより徒歩15分
  • 車で行く
  • 鎌倉市役所前から桔梗山行きのバスに乗り、一向堂で下車(乗車時間3分程度)。徒歩1分。計7分。

鎌倉駅からもハイキングコースからも少し歩きますが、バスを利用してもさほどかかる時間が変わらないので、徒歩か車がいいでしょう。鎌倉駅からの道のりは、ほぼ平坦なので自転車もおすすめです!

鎌倉駅から徒歩の行き方

鎌倉駅西口から樹ガーデンへの道のりは、真っ直ぐです!

トンネルトンネル3つ越えると着きます。

北鎌倉から源氏山から長谷ハイキングコース

源氏山ハイキングコースの最終地点あたりに、途中樹ガーデンの看板があります。少し歩くと見えてきます。

樹ガーデンの駐車場

樹ガーデンには12台分の駐車場がありますし、広い道に面しているので車で行きやすい場所にはあります。

ただ紫陽花の時期や夏休みの土日祝日は混み合うので、駐車場がいっぱいになる可能性があります。

その場合は周辺の駐車場を利用しましょう!鎌倉市常盤駐車場か、リパーク鎌倉佐助1丁目駐車場が近いです。大仏の駐車場は逆に混んでいるので、どちらかがいいです。

もしくは確実に駐車したいなら、前もって駐車場を予約しておくのがおすすめです(^^)

駐車場WEB予約サービス akippa!>>

 

樹ガーデンのメニュー

ソーダ

1番人気!クロワッサン・サンドイッチのセット 1200円

パリの名店メゾンランドゥメンヌ提供がしているクロワッサンを、毎日お店で熟成、焼き上げて作ったサンドイッチです。スープ付きで、野菜もたっぷり入っていて、程よくボリュームのある一品です。

樹ガーデン特製〜鎌倉ソーセージ・プレート〜 1500円

鎌倉ではお馴染みの鎌倉ソーセージのソーセージと厚切りベーコンに、サラダとスープがセットになっています。ビールやワインのおつまみにぴったりです♫

樹ガーデン・スペシャルカレー・セット 1500円

スパイシーでフルーティーな、シェフこだわりの特製カレー。辛すぎないので、大人から子供まで楽しめるカレーです。サラダ付きは1500円で、単品だと1200円です。

樹ガーデン特製ミートソース・クリームフェットチーネ 1500円

ミートソースとクリームパスタの組み合わせが絶妙です!この組み合わせが合わないわけがない。サラダ付きは1500円で、単品だと1200円です。

樹ガーデンオリジナルパンケーキ 1200円

ふわふわのパンケーキに、生クリームと季節のフルーツをトッピング。可愛いので、写真映えします。一人で食べるのにちょうどいいサイズです。

アップルパイやマンゴープリン!

アップルパイやマンゴープリンは通年あるかわからないんですが、こちらも人気です。アップルパイはシナモンの風味があり、素朴な味です。

飲み物

手作りフレッシュオレンジジュース、ハーブティー、サイダー、フレッシュフルーツティー、アイスホイップココア、カフェオレ、シャーリーテンプル、ビール、ワインなど。なかなか充実しています。

 

樹ガーデンの楽しみ方

階段長〜い急な階段を登り切ると、樹ガーデンはあらわれます。ちょっとしんどいですが、途中ベンチもあるので、休憩しながらでもトライしましょう!この先に絶景が待っている!

樹ガーデン登り切ると、ばばーん!樹ガーデンは赤いレンガとパラソルが特徴的な、とっても可愛らしいカフェです。

樹ガーデンこちらでメニューを見て注文します。お金を払ってから、自分で空いている席に行って待っていると頼んだものを届けてくれるシステムです。

樹ガーデン間違えると迷子になってしまいそう。店内は広々しています。

どの席も雰囲気はいいのですが、せっかく樹ガーデンに来たら特等席で楽しんで欲しい!と思い、おすすめの席教えちゃいます♫

おすすめ席①左端の席は富士山が見える!

テラス席左端の席は一見普通の席に見えるんですが、近づいてみると、なんと迫力のある富士山が真正面に見えます!写真じゃなかなか伝わらないですが、結構迫力あります。

昼間に青空の中見る富士山もいいですが、夕日バックの富士山もまたいいですね。2階席でも充分に見れますが、一番前の席を陣取れたら最高ですね!デートにもぴったりです。

おすすめの席②右端の小高い席

テラス席右側の端っこは少し小高く、そり出ているので、木に近くて景色がいいです。この辺はよくリスが出るので、見れたらラッキー!気をつけて見てみてください。

紅葉の時期も綺麗!

紅葉暖かい時期の緑いっぱいの自然もいいですが、紅葉の時期もとっても綺麗です!綺麗に色付いた木々が間近で見れます。

寒い時はストーブが着くので外でも安心ですが、一応防寒はしっかりしてきた方がゆっくり楽しめます。

その他にも樹ガーデンには鎌倉特有の山百合、えびね蘭、春蘭なども自生していて、四季折々の風景が楽しめます。

雨の日は、北側テラスがおすすめ

南側テラスはパラソルはあるものの、ほぼ外なので雨の日はちょっと大変です。そこでおすすめしたいのが北側のテラス席です!

ここは屋根があるので、濡れる心配もありません。こちら側は人が少なく静かなので、人気のいないところがいい人はこちらがおすすめです。

混雑している時期

樹ガーデンが混雑している時期は、紫陽花の時期と夏休み時期の土日祝日です。

この時期は駐車場に入れないこともあるので、注意しましょう。回転が悪いので、並んでいる時は大変です。夕方や早い時間は比較的空いているので、出なおしてみるのもいいかもしれません。

樹ガーデンの始まり

樹ガーデンは元々、オーナーの別荘地用に取得した土地でした。北鎌倉から高徳院に続くハイキングコースに近いことから、ハイキングの途中に怪我をしたり、迷子になる人、トイレが必要な人が時々訪ねて来ました。なので休むところが必要と思い、小さなテラス席から始めたそうです。

樹ガーデンの楽しみ方 まとめ

リスいかがでしたか?

樹ガーデンは自然がたくさんあって景色が綺麗で、本当に素敵な場所です。ぜひ大切な人と行ってみてくださいね(^^)

こちらの記事も参考にどうぞ♫

【厳選】鎌倉の絶対行きたいカフェ27選|デートや女子旅にぴったりのおしゃれなお店まとめ鎌倉にはおしゃれな古民家カフェや、海や富士山が望める絶景カフェなど、素敵なカフェが沢山あります。その中でも特におすすめのカフェを紹介しますヾ(*´∀`*)ノ...
【鎌倉で絶対食べたいランチ10選】地元民が実食&厳選しておすすめ!実際に食べて、美味しいと思った場所だけ厳選!2000円以下で食べれる、鎌倉の美味しいおすすめランチを紹介します。...
鎌倉の体験や遊びが丸わかり♫当日OK!手作り体験から海の遊びまで紹介ここでは鎌倉で予約必須な人気体験から、当日OKのもの、子供と一緒にできるもの、お寺での貴重な体験、海の遊びまで一挙にご紹介していきます。ぜひ鎌倉で素敵な体験をして、楽しい思い出を作って下さいね(^^)♫...
ABOUT ME
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で飲み歩いて、地元の人や観光客とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉一泊ハシゴ酒の旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事も読まれています