紫陽花

『覚園寺のあじさい』貴重な体験!2020年は有料エリアを自由に散策できます。

古趣あふれる覚園寺は、鎌倉アルプスのたもとにある紅葉の名所。境内には無料エリアと有料エリアがあり、紫陽花は無料で見れる山門の前と有料エリアにあります。

有料エリアは、住職さんの説明を聞きながら見て周るので勉強になります。そして人が入らない苔が綺麗な境内に咲くあじさいは、他ではなかなか見れない独特の雰囲気があると思います。

有料エリアは写真が撮影できないので様子は言葉でしか伝えられないですが、この時期の覚園寺の様子を紹介していきます。

覚園寺のあじさいの見頃は?

覚園寺のあじさいの見頃は、6月上旬から6月下旬頃です。山門の紫陽花を見て、開花度合いを判断できます。

覚園寺の無料エリアの様子

山門の横にはこの様な感じで、あじさいと金糸梅が迎えてくれます。写真ではわかりにくいですが、なかなか綺麗です。

山門をくぐり境内に入ると、ツツジがまだ咲いていました。

境内には庭園があって、もみじの新緑がとても綺麗です。覚園寺は秋の紅葉がめちゃくちゃ綺麗なんですよ〜。あじさいの時期だけでなく、秋はぜひ覚園寺行ってみてください。

庭園の様子です。苔がとってもいい感じ。とてもよく手入れがされています。無料エリアも見る価値ありです。

覚園寺の有料エリア

覚園寺の有料エリアは、写真撮影が禁止なので撮影できていませんが雰囲気がとてもいいです。

2020年はコロナウイルスの影響で、住職さんからのお話は無く、説明書きを貰い自分達で有料エリアを散策します。

住職さんのお話も面白いんですが、自分達だけで自由に歩けることなんてないのですごいレアな経験です。

広くて趣のある苔の境内を奥の方まで行くと、野性味のあるあじさいが見えて来ます。この辺りは鎌倉アルプスと呼ばれていて、ハイキングコースもある自然豊かな場所。

境内も山に囲まれていて、独特の雰囲気があります。

有料エリアには他にも、

  • 薬師堂
  • 旧内海家
  • 十三仏やぐら
  • 千躰地蔵堂
  • 黒地蔵
  • 六地蔵

などがありますが、薬師堂など一部しか見れませんでした。この辺りはやはり説明を聞きながら見た方が理解できると思うので、ぜひコロナが収束したら行ってみてください。

住職さんの話を聞きながら参拝した時の様子は、こちらで紹介しています。

私はこの日一人で行ったんですが、一人で行く薬師堂はちょっとだけ怖かったです(^^;)

2020年の覚園寺は貴重な体験ができます!

覚園寺はあじさいの数は多いわけではないので、他のあじさいが多いスポットに比べると地味ではありますが、苔むした境内にあじさいが咲いているので趣があります。

そして2020年は自分達だけで有料エリアを歩けるという、超レア体験ができるのでおすすめです。おそらくこんな機会は滅多にないので、気になる人はぜひ行ってみてくださいね(^^)

この記事も参考にどうぞ♪

鎌倉随一の絶景!覚園寺の紅葉の見どころは?有料拝観は見逃せない覚園寺の紅葉の見どころや、覚園寺の有料拝観の内容の紹介、御朱印やアクセス方法までたっぷり紹介します!有料拝観のエリアはありがたいお話も聞けるのでおすすめです(^^)...
【2020年版】鎌倉のあじさいの名所23選!見頃の時期と定番&おすすめ穴場スポットを紹介鎌倉のあじさいの見頃の時期や、定番のおすすめスポット、人が少ない穴場スポット、モデルコースなどを紹介します!ぜひ紫陽花の絶景を楽しんでください(^^)...

覚園寺近くのあじさいスポット

瑞泉寺の紫陽花の見頃は?お花でカラフルな境内は、ジブリのような世界感。瑞泉寺は境内にある花木の種類の多さでは、鎌倉随一。紫陽花の散策路も素敵ですし、その他にも金糸梅やビヨウヤナギ、桔梗、ツツジなど様...
ABOUT ME
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で飲み歩いて、地元の人や観光客とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉一泊ハシゴ酒の旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事も読まれています