『鎌倉宮の七夕まつり』七夕限定の御朱印があるのは鎌倉ここだけ!




二階堂にある鎌倉宮でも、七夕祭りが行われています。

2020年から行われているので鶴岡八幡宮の七夕祭ほど認知されていませんが、静かで厳かな雰囲気のある素敵なお祭りでした。

ここでは、鎌倉宮の七夕まつりの様子をご紹介します。

目次

短冊に願いごとを書こう

鎌倉宮の拝殿では短冊があり、自由に願い事を書くことができます。短冊は全て手作りで、200円で販売されています。

願い事を書いたら拝殿にある笹竹にくくります。色んな短冊があって可愛らしいですね。

この時期は茅の輪くぐりも行われています。厄除けになるので、ここはぜひやっておきたいですね。

例年はどうかわかりませんが2020年はコロナウイルス感染防止のため、手水が使えず紫陽花が沢山飾られていました。鎌倉宮名物の「獅子頭」のお守りがたくさん並べられていて、とても可愛かったです。

7月7日14時から神事が開催

神事はまずお祈りするところから始まります。社務所近くの普段は立ち入り禁止の場所で、お祈りします。

神楽の演奏と共に、宮司さんたちが拝殿に向かいます。鶴岡八幡宮も神楽は生演奏していますが、鎌倉宮も神楽の生演奏が聞けます。神社は意外と録音を流しているところも多いので、ちゃんと演奏している鎌倉宮は貴重。やっぱり生演奏は素敵です。

拝殿では宮司による神事と神楽の演奏が行われます。今年が初めてだったせいか、見ている人は10人くらい。

鎌倉宮では14時からの神事以外には、特に出店やイベントなどは行われていませんが、その分ゆったりと見れてよかったです。

七夕限定の御朱印が登場!

鎌倉宮では七夕限定の御朱印が登場します。短冊に願い事を書いて、七夕祭限定の御朱印を貰えば、七夕満喫できそうですね。

七夕限定御朱印の他にも「天の川」の御朱印や、7月限定の「夏色朝風」の御朱印も登場します。

まとめ

鎌倉宮の七夕まつりは、厳かに神事が行われる静かなお祭りでした。静かに神事を楽しみたい人には穴場です。

あと七夕限定の御朱印は、御朱印好きにはたまりませんね!

気になる人はぜひ行ってみてください(^^)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ひとみ ひとみ かまくらいふ編集長

世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は、鎌倉で食べ歩き&飲み歩き。日夜美味しいものを求めて鎌倉探訪する、旨いものハンター!

目次
閉じる