『鎌倉山のアクセス方法や見どころ』春は絶景の桜のトンネルを見に行こう♫

アイキャッチ画像

鎌倉の高級住宅街と言えば、鎌倉山。春には道路沿いに沢山の桜が咲き、桜のトンネルの様になりとても綺麗です。

ここでは桜のトンネルのバスや車でのアクセス方法や、名所、おすすめのカフェやレストランを紹介していきます。

Hitomi
Hitomi
鎌倉山へは車で行く人が多いですが、バスで行っても充分楽しめます。素敵なカフェやレストランもあるので、ぜひ合わせて行ってみてください♫

 

鎌倉山の桜の開花情報

鎌倉山鎌倉山の桜は例年3月下旬から開花し、4月始めから上旬までが見頃です。

現在の開花状況を知りたいときは、鎌倉観光協会に電話して聞くと現在の状況を教えてくれますよ。鎌倉観光協会:0467-23-3050

 

鎌倉山へのアクセス方法

鎌倉山に行くには電車やモノレールの駅はないので、車・バス・歩きのどれかです。歩きだと徒歩50分かかり遠いので、車かバスがおすすめです。

車でのアクセス方法

鎌倉駅周辺から車で行く場合は、鎌倉駅西口を背に市役所通りを真っ直ぐ進むと32号線が出てきます。

そこに合流したら、常盤口の信号機を左に曲がればあとは道なりに行くと鎌倉山に到着します。車だと簡単に行くことができます。

 

【鎌倉に車で来る方へ】

鎌倉は土地柄的に駐車場が無いお店が多いです。そして近くの有料駐車場も満車で入れない…なんて事も。

そんな不安がある方は、【akippa(あきっぱ!)】 【特P(とくぴー)】 【軒先パーキング】などの駐車場事前予約サイトで周辺の駐車場を検索し、駐車場を予約しておくと、当日は確実に駐車できて安心ですよ(^^)

 

バスのアクセス方法

バスで行く場合は鎌倉駅東口を出て、6番番乗り場から出ている「鎌倉山行き」のバスに乗ります。1時間に3本くらい。所要時間は、30分程度です。

【停車場所】
鎌倉駅→下馬四ッ角→六地蔵→笹目→長谷東町→海岸通り→長谷観音→大仏前→大仏坂→打越→火の見下→常盤口→笛田→若松→旭ヶ丘→高砂→見晴→住吉→鎌倉山

バスは由比ヶ浜や長谷を通るので、観光途中でもバスに乗れます。長谷寺や大仏に行ってからでも行きやすいです。

歩いて鎌倉山に行く方法

鎌倉山に歩いていく場合は、鎌倉駅西口から出て市役所通りを真っ直ぐ行き、八雲神社前の交差点を左に曲がり真っ直ぐ道なりに行くと鎌倉山に辿り着きます。所要時間は50分かかるので、できれば途中まででもバスを使うのがおすすめです。

バスで鎌倉山に行って来ました!

鎌倉山鎌倉駅東口6番バス乗り場からバスに乗り、15分くらいすると大仏横のトンネルを抜け、段々と山に登り始めます。すると桜が少しづつ見えてきます。

鎌倉山には桜のトンネルが2箇所あり、その他にも桜並木になった綺麗な場所があります。明確に桜のトンネルがズラ〜っと続いているわけではないので、少しわかりにくいです。

どこまで見たいのかによって、降りるバス停が違ってきます。そこで桜の綺麗な場所で降りて、終点の鎌倉山までお散歩するのがおすすめです。

降りるバス停のおすすめは、「高砂」です。ここから終点の鎌倉山までは歩いて20分くらいで基本降り坂になるので、歩くのもさほど大変ではありません。もし歩くのが面倒であれば、次の「見晴」で降ります。

高砂で降りて歩いていると、道路沿いに沢山桜咲いているのでとっても気持ちがいいです。

桜の名所①夫婦池公園

鎌倉山道路沿いにある「夫婦池公園」。私は時間がなくて行けなかったんですが、結構大きい公園で池の周りに桜が咲いていてとても綺麗だそうです。バスの通りぞいの入り口からもう桜が綺麗でした。

鎌倉山住宅街に続く階段も桜が。絵になりますね〜。

鎌倉山ちょっとしたベンチにも桜が。桜の穴場スポットでベンチに座りながら、下からの桜が楽しめます。確か見晴のバス停近くにあったと思います。

絶景のル・ミュウ鎌倉山は、休憩にぴったり♫

ル・ミュウ鎌倉山バス停「見晴」のすぐ近くにある「ル・ミュウ鎌倉山」。相模湾まで見えて、眺めは最高!

ここはスイーツが有名で、飲み物やスイーツを購入するとこのテラス席でのんびりできます。ただテラスはトンビが危ないので、飲み物がベター。

せっかく鎌倉山に来たなら、ル・ミュウ鎌倉山はぜひよって欲しい場所です。

桜の名所②桜のトンネル

鎌倉山ル・ミュウ鎌倉山を通り過ぎて更に歩くと、桜のトンネルが見えて来ます。桜のトンネルは長いものではないですが、とても綺麗です。

鎌倉山見晴→住吉に向かう途中に一つと、住吉→鎌倉山の途中に一つ桜のトンネルがあります。どちらもいいですが、有名なのは住吉→鎌倉山の桜のトンネルっぽかったです。

桜の名所③鎌倉山バス停周辺

鎌倉山終点の鎌倉山に着きました〜!この辺にはカフェや画廊などがあるくらいで、特に観光するところはありません。でも桜が至るところに咲いていて、雰囲気がいい。

鎌倉山レトロなポストに大きな桜も素敵。

鎌倉山少しのんびりしたら、鎌倉駅にバスで戻ります。次は桜のトンネルをバスで通り抜けます。桜をいろんな角度で見れるのも楽しいですね。

ここから江ノ島や大船にバスで行くことも可能です。車で訪れた場合は、このままぐるっと周って江ノ島までドライブするのもいいですね。

さくら道フェスティバルも見逃せない!

毎年鎌倉山では、鎌倉山さくら道の会主催で「さくら道フェスティバル」が行われています。2020年はコロナウイルスで中止になってしまいましたが、何もなければ毎年行われています。

公式Facebookページ>で、開催をチェックしてから行ってくださいね。桜のスイーツが食べれるなど、楽しいおまつりです。

 

桜が見える♫ おすすめレストラン

鎌倉山

鎌倉山 らい亭(檑亭)

鎌倉山にある「高砂」のバス停降りてすぐの場所にある、「らい亭」。ここには約5万平方メートルの庭園を望みながら、美味しいお蕎麦や懐石料理を楽しむことができます。お蕎麦は1000円からとお手頃。

桜や梅、竹林など季節の草花や、富士山や海に浮かぶ大島まで見渡すことが出来ます。お蕎麦予約なしでも食べれますが、懐石は要予約です。一休.comで予約すると、桜が見える席を確約できるのでおすすめです。    一休.comで予約する>

住所鎌倉市鎌倉山3-1-1
電話0467-32-5656
営業時間11:00~20:30(LO19:00)
日没以降は要予約。庭園散策は日没まで
定休日正月三ヶ日、7月最後の月曜日~木曜日
口コミ食べログで口コミを見る>
公式ホームページhttps://www.raitei.com/index.html

 

ローストビーフの店鎌倉山 本店

ちょっとリッチに美味しいランチが食べたい時は、「ローストビーフの店鎌倉山 本店」がおすすめ。

桜など四季を感じる庭園に、シェフの情熱が注がれたローストビーフが絶品。特別な時間が過ごせること間違いなしなので、デートや記念日に訪れたい場所です。

テレビや雑誌にも何度も登場する、超有名店。こちらは全室要予約ですが、公式サイトより一休.comで予約すると10%お得に予約できます。一休.comで予約する>

住所鎌倉市鎌倉山3-1-1
電話0467-31-5454
営業時間ランチ11:30〜14:00/ ディナー17:00〜20:00
定休日年中無休
口コミ食べログで口コミを見る>
公式ホームページhttps://roastbeef.jp/

 

鎌倉山観光モデルコース

Hitomi
Hitomi
ランチから行って、半日ゆっくり楽しめます♫

バスで「高砂」下車(車の場合はレストランやカフェに駐車)

鎌倉山らい亭でランチ

らい亭の庭園を散策

鎌倉山方面へ

夫婦池公園を散策

ル・ミュウで休憩♫スイーツを食べる

バス停「鎌倉山」方面へ

桜のトンネルを見る

バス停「鎌倉山」に着いてゆっくりしたら再びバスで鎌倉駅に戻る(車の場合は江ノ島や鎌倉方面へ)

鎌倉山の桜まとめ

Hitomi
Hitomi

鎌倉山は桜のトンネルや、夫婦池公園や、街全体が桜が沢山あってとても素敵な場所です。

ほとんど地元の人か、車で通り過ぎるだけなので、観光客はほとんどいなくてのんびりとした穴場の桜スポットです。

今回紹介したレストラン以外にも、素敵なカフェやレストランがあります。お散歩にちょうどいい場所なので、ぜひ行ってみてくださいね(^^)

こちらも参考にどうぞ♫

【2020年版】鎌倉の桜の名所|見頃・開花情報・穴場・おすすめモデコースを紹介します♫古都・鎌倉には桜の名所が沢山あります。ここでは鎌倉の桜の名所や穴場、開花時期や見頃、おすすめのモデルコースなどを紹介します。ぜひ鎌倉の桜を楽しんでください(^^)...
鎌倉観光スポットランキング!おすすめから穴場まで36選!見所全部丸わかり♫鎌倉の定番観光スポットのランキングや、行って良かったおすすめ観光スポット、ツウが行く裏スポット、デートや写真撮影にぴったりの絶景ポイントなどをご紹介します♫...
【鎌倉で絶対食べたいランチ10選】地元民が実食&厳選しておすすめ!実際に食べて、美味しいと思った場所だけ厳選!2000円以下で食べれる、鎌倉の美味しいおすすめランチを紹介します。...
ABOUT ME
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で飲み歩いて、地元の人や観光客とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉一泊ハシゴ酒の旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事も読まれています