観光

子供連れでも安心!鎌倉観光モデルコース教えちゃいます♫

アイキャッチ画像

鎌倉に子供を連れて観光に来るというのは、けっこうハードルが高いんじゃないかなと思われる方も多いと思います。

というのも、歴史的建造物を見て興味深いと感じられるようになるには、ある程度の年齢が必要だからです。そうなると子供は何も面白くないので「帰ろうよ~」「疲れた~」と言い出してしまうんですね。

以前1才半の子供を連れて、鎌倉へ観光に来たことがあります。なかなか歩いてくれなかったりお腹がすいて機嫌が悪くなったりと、小さな子ども連れだと大変なこともたくさんありました。

しかし、そのおかげでどうやったら子どもも楽しんでくれるのかがわかるようになりました。今は2児の母ですが、子ども2人連れでもどこに行くのもあまり怖くありません!

観光するときに子どもにどんな意識付けをさせるか、自分はどんな準備をしていけばよいのか、あらかじめある程度計画を立てておけば良いのです。

この記事を読んでお出かけするのを渋ってしまっている人の、心の支えになれば良いなと思います。ぜひ子連れでバンバン出かけましょう(^^)♫

  • 子供が楽しくなるように、親が変えてあげよう
  • 一緒に楽しむなら、ちょっとした声掛けが大切
  • 大人が行きたい場所に行くには、子供のペースを大事にする

子供連れでも楽しめる!鎌倉観光スポットMAP

大人も子供も楽しい『鎌倉観光モデルコース』

長谷の地蔵

大人も子供も楽しむことを目的としているので、大人だけが楽しい場所や子どもだけが楽しい場所は基本的に紹介しません。

ですが、子どもへの意識付けによって、大人が楽しめる場所が子どもにも楽しめる場所に変わることはあります。

実際にやってみて良かった声掛けを、例として紹介するのでぜひ使ってみてくださいね。

 

子連れでも楽しめる!おすすめスポット~鎌倉駅編~

鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮

源頼朝が加護を祈祷した京都の石清水八幡宮を、由比ヶ浜に祀ったことから始まります。鎌倉幕府ができる頃に現在の場所に移されたとされています。

流鏑馬など行事を行っている時に行くと、子どもたちはその迫力に大盛り上がり!他にも様々な行事を行っているのでぜひ行ってみてくださいね。

鎌倉駅から行くとするとルートは、小町通りと段葛(だんかずら)の2種類あります。子どもとしてはどちらの道も楽しめると思います。

小町通りは食べ歩きができるので、気が付いたら鶴岡八幡宮に到着します。段葛は普通の道とは違って、木が両端に植えてあったりとちょっと雰囲気に特徴があるので比較的子供も喜んで通ってくれますよ。

■詳細

住所:鎌倉市雪ノ下2-1-31

アクセス:鎌倉駅東口から徒歩10分

電話番号:0467-22-0315

公式サイトURL:https://www.hachimangu.or.jp/

 

銭洗弁財天宇賀福神社

源頼朝が幕府の安泰と民心の安寧を祈って宇賀福神を祀り、この神社ができたと言われています。銭洗いが始まったのは、北条時頼が一家繁栄を祈って銭を洗ったことにならったものです。

お金を洗うと何倍にもなって返ってくると言われていて、実際に敷地内の霊水でお金を洗うことができます。「お金を洗うと楽しいことがあるんだよ~」など子どもに声掛けすると喜んで洗ってくれますよ。

お金を落としてしまわないように、しっかりと子どもの様子を見ると良いです。

ただアクセスが若干問題で、基本鎌倉駅から徒歩移動になるのですが大人の足でも30分くらいかかってしまいます。そして鎌倉駅からのバスも、道が狭いためありません(大船駅からのバスはあります)。

なのでタクシーか、自転車が乗れるようになってからレンタサイクルで行くのもいいですし、駐車場はあるので車で行くのがおすすめです。

■詳細

住所:鎌倉市佐助2-25-16

アクセス:鎌倉駅西口から徒歩25分

電話番号:0467-25-1081

拝観時間:8:00~16:30

 

報国寺

臨済宗建長寺派の寺院で、報国寺が建てられた当初は竹はこんなになかったのですが、次第に生い茂るようになったそうです。

現在の竹庭はそれはそれは言葉にするのが難しいほどの美しさ。個人的に一番好きな場所です。当時1才半の息子も大興奮!竹庭の中を楽しそうに歩いていました。

■詳細

住所:鎌倉市浄明寺2-7-4

アクセス:鎌倉駅からタクシーで7分

電話番号:0467-22-0762

拝観時間:9:00~16:00

拝観料:300円

公式サイトURL:https://houkokuji.or.jp/

 

子連れでも楽しめる!おすすめスポット~長谷駅編~

大仏鎌倉大仏殿高徳院

鎌倉の大仏として有名な場所です。創造された起源に関しては不明点が多いものの、姿形がほぼ造立当時のままであるということが歴史的な価値を高めています。

大仏の胎内に入れると子どもに話したら「いまいちよくわからない」という反応でしたが、「小石で遊べるよ」って言ったら楽しみにしてました。笑

いざ、大仏の胎内に入ってみると子どもは目を丸くしていて、最初の反応こそいまいちでしたがとても興味深そうに周りをきょろきょろと見ていました。

■詳細

住所:鎌倉市長谷4-2-28
アクセス:長谷駅から徒歩10分
電話番号:0467-22-0703
拝観時間:4月~9月 8:00~17:30、10月~3月 8:00~17:00
拝観料:無料(大仏胎内は50円)
公式サイトURL:https://www.kotoku-in.jp/

 

長谷寺

奈良時代に建立されたと言われていますが、実際のところ詳しいことは不明です。長谷観音がとても有名なので観光に来たら、大仏と長谷観音は押さえておいてまず間違いはありません。

和み地蔵というにっこりとほほ笑む大きなお地蔵さんがいるのですが、子どもと並べて写真を撮るととっても可愛いですよ。

景色もきれいですし階段があったりと、子どもにはアスレチックにでも来たような気分だったのでしょうか。うちの子は飽きずにぐるぐると歩き回っていました。

頂上で『大吉だんご』というみたらし団子も食べれるので、大人も子供も楽しめますね!

■詳細

住所:鎌倉市長谷3-11-2
アクセス:長谷駅から徒歩5分
電話番号:0467-22-6300
拝観時間:3月~9月 8:00~17:00、10月~2月 8:00~16:30
拝観料:大人 400円、小学生 200円
公式サイトURL:https://www.hasedera.jp/

 

駄菓子屋 長谷店

グミやべっこう飴などの駄菓子を売っているお店です。大仏モチーフの物が多いのでお土産として買っていく人もいます。

高徳院・長谷寺へ行くときはちょこっと寄ってみると、子どもも気持ちが上がって観光しやすいですよ。

■詳細

住所:鎌倉市長谷2-14-20
アクセス:長谷駅から徒歩2分
電話番号:0467-23-5468
営業時間:平日 15:00~18:00、土・日・祝 10:00~18:00
料金:100~200円
公式サイトURL:http://dagasiya.afz.jp/

 

由比ヶ浜海岸

せっかくなら海を楽しむのも良いですよね。夏はビーチに人はたくさんいて海水浴を楽しんでいる方が多く、海の家も並びます。

シーズンオフはサーファーが多くやって来るのが特徴です。シーズンオフでも砂浜で遊ぶこともできます。春秋の子連れのお散歩にはちょうど良い場所でしょう。

出産前はたまに遊びに行っていたのですが、子どもを産んでからは実はまだ行けていないません。んー早く行きたい!!

■詳細

アクセス:和田塚駅・由比ヶ浜駅・長谷駅からそれぞれ徒歩5分
公式サイトURL:https://yuigahama.sos.gr.jp/

 

おすすめ観光スポット~江ノ島・海編~

江の島

新江ノ島水族館

江ノ島で子連れと言えば「新江ノ水」!水族館を子どもが楽しめないわけがありません。ショーはもちろんですが、生物を触れるタッチプールは大人もちょっと興奮してしまいます。

授乳室やおむつ替え台があり、スロープもあるのでベビーカーでも移動がとっても楽。小さな子連れでも安心して過ごせるのはありがたいですね。

以前行ったときは子どもが2人で、下の子は1才になったばかりでした。たくさん見れる魚にテンションが上がってキャッキャッと可愛い声を出していました。

上の子は3才でしたが魚に目が釘付けで、その場から離れられなくなっていて、連れてきてよかった~と思いました。

■詳細

住所:藤沢市片瀬海岸2-19-1

アクセス:小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅から徒歩3分、江ノ島電鉄 江ノ島駅から徒歩10分

電話番号:0466-29-9960

営業時間:9:00~18:00(季節によって営業時間が若干異なるのでHPでチェックしましょう)

料金:大人 2400円、高校生 1500円、中・小学生 1000円、幼児(3才~) 600円

公式サイトURL:https://www.enosui.com/

 

湘南海岸公園

海が近くにある公園で、湘南らしく絶対に楽しめる場所です。ちびっこ広場という大型の遊具がある広場があり、地面が砂なので転んでも大きなけがなく遊ばせることができます。

また公園だけでなく、噴水のある水の広場や砂浜も楽しめるスポットとして大活躍です。いつも行く公園とはちょっと違う雰囲気に、子どもも喜んでくれるのではないでしょうか?

新江ノ水のあとにちょっと寄っただけでしたが、最後の力を振り絞るように一生懸命遊んでいて見ているだけで一日の疲れが吹っ飛びました!

■詳細

住所:藤沢市鵠沼海岸1-17-3
アクセス:鵠沼海岸駅から徒歩10分
電話番号:0466-34-9912
公式サイトURL:https://www.s-n-p.jp/shonankaigan_park/

 

子どもと一緒に体験しよう

親子鎌倉市鏑木清方記念美術館

日本画家の鏑木清方氏が住んでいた跡地に建てられた美術館です。ご遺族から清方氏のことを後世に伝えて欲しいという想いからできた美術館なので美術の普及活動に力を入れています。

その一環として日本画の体験が行えます。小学生~高校生向けと4才~小学3年生向けの2種類の体験があります。4才~の体験では絵本を使ったりなど小さい子でも興味がもてる工夫がされています。

授乳場所があるので赤ちゃん連れでも安心です。親子で楽しめる美術館はここにしかありません。ぜひ一度行ってみると良いですよ。

■詳細

住所:鎌倉市雪ノ下1-5-25

アクセス:鎌倉駅東口から徒歩7分

電話番号:0467-23-6405

営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日 月曜日

料金:企画展 大人 200円、小・中学生 100円、特別展 大人 300円、小・中学生 150円

公式サイトURL:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/education/index.html

 

手づくり工房 一の蔵

ここではろくろを使って本格的な陶芸ができます。さすがにろくろを使うのは子どもには難しいですが、子ども向けに手びねりやトンボ玉、サンドブラストの体験ができます。

オリジナルの作品を作れると知ったら子どもたちはワクワクすること間違いなし!粘土をこねる作業も楽しくて集中して取り組めますよ。

■詳細

住所: 鎌倉市長谷1-16-21

アクセス:長谷駅から徒歩4分

電話番号:0467-61-1040

営業時間:10:00~17:30

料金:陶芸体験 2500円

公式サイトURL:http://www.kamakura-ichi.com/

 

子連れでも安心のレストラン&カフェ

親子MISORA cafe(ミソラカフェ)

0才の赤ちゃんから大人までが楽しめるナチュラル・オーガニックレストランです。離乳食の手づかみメニューまであって、赤ちゃん連れでもとっても来やすいですよ。

友人がミソラカフェを利用したことがあるのですが、離乳食メニューがあるので、持ち物が多くなりがちな観光でも少し荷物が軽くなって助かったと言っていました。たしかに!そういう意味でも利用したくなるお店ですね。

■詳細

住所:鎌倉市長谷1-2-8

アクセス:由比ヶ浜駅から徒歩4分

電話番号:0467-37-6048

営業時間:11:00~17:00(L.O.16:30)

定休日 日曜日・第1第3月曜日

料金:~1000円

公式サイトURL:http://misora-kamakura.com/

SONG BOOK Cafe

絵本作家の中川ひろたかさんが開いているお店です。

店内には1000冊以上の絵本などがあり、一度入ったらもしかしたらなかなか出てこれないかもしれません。それくらい子どもにも大人にも楽しい場所です。

今度家族でソングブックカフェに行こうと話しているのですが、次男を初めてこのカフェに連れて行くのでどんな反応をするのか楽しみです。

■詳細

住所:鎌倉市笹目町6-6 大栄ビル1F

アクセス:由比ケ浜駅から徒歩3分

電話番号:046-725-0359

営業時間:11:00~17:00

定休日 火曜日・水曜日

料金:~1000円

公式サイトURL:http://www.songbookcafe.com/cafe/

toitoitoi 鎌倉由比ヶ浜

気軽に立ち寄れるイタリアンレストランです。子どもが店内で飽きないようにおもちゃなどを用意してくれています。

子連れでレストランに入るのは気の休まらないこともありますが、このお店はおもちゃがたくさんあるので子どもが遊んでいる間に大人はゆったりと食事をとることができますよ。

■詳細

住所:鎌倉市由比ケ浜2-3-2 2F

アクセス:鎌倉駅東口から徒歩6分

電話番号:0467-60-5333

営業時間:平日 ランチ11:00~14:30(L.O.14:00)、ディナー 17:00~20:30(L.O.20:00)

土・日・祝 ランチ11:00~14:30(L.O.14:00)、ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)

料金:1000~2000円

公式サイトURL:http://toitoitoi.co.jp/

 

私がおすすめする子連れ観光モデルコース

江ノ電

私が鎌倉観光するときは大抵鎌倉にあまり来たことのない友人と一緒に行くので、王道の鎌倉観光地や個人的に好きなところを巡ることが多いです。それを踏まえたうえでご覧ください!

どちらのコースも子連れでも楽しめると思います。コースは2つ紹介します。

絶対はずさない王道コース

鎌倉駅→小町通り→鶴岡八幡宮→報国寺→鎌倉駅→

由比ヶ浜駅→MISORA cafe→高徳院→長谷寺→長谷駅

まず鎌倉駅東口で集合します。小町通りで食べ歩きしつつ鶴岡八幡宮へ。おみくじを引くと子どもたちは字が読めなくても何だか盛り上がります。笑

そして子どもたちをベビーカーに乗せて報国寺へ。我が家の長男は疲れた~とか言い出すのでおんぶやかたぐるまです。

報国寺のあとはかなり疲れているので、タクシーやバスでいったん鎌倉駅に戻ります。そして江ノ電で由比ヶ浜駅へ。電車好きの子どもはテンションが上がります!

ミソラカフェで昼食&休憩後は歩いて高徳院へ行きます。疲れがピークの子はこのタイミングで寝ることもあります。そうなったらラッキー!自分の見たいところを見に行けちゃいます。

高徳院あとは長谷寺へ行きます。長谷寺は階段が結構あるので抱っこ紐の方が移動しやすいですよ。子どもが元気だったら歩いてもらいましょう。

もし大人も子どもも元気が残っていて、時間に余裕があるのなら由比ヶ浜まで行きます。

ちょっと休憩になるので途中でジュースやおかしなどを買っていくのも良いですね。由比ヶ浜で砂遊びをして長谷駅に戻って解散です。

子どもが飽きない!江ノ島方面も楽しむコース

長谷駅→高徳院→長谷寺→長谷駅→

江ノ島駅→新江ノ島水族館→片瀬江ノ島駅

長谷駅で集合して高徳院に行きます。大仏を見た後に駄菓子屋さんに行くのも良いですね。子どもたちが大仏見た後だと喜びそうです。

それから長谷寺と観光して、長谷駅で江ノ電に乗ります。新江ノ水にはランチができる場所があるのでそこでご飯を食べます。そしてお待ちかねの水族館!

水族館に行った後にまだ体を動かし足りないようでしたら、ぜひ湘南海岸公園へ。たくさん遊んでくたくたになって帰るのも良い思い出です。

 

鎌倉で子連れ観光!おすすめモデルコースまとめ

親子

子連れで鎌倉観光は、王道めぐりでしたら結構子どもと一緒に観光できるということが分かったのではないでしょうか?

大切なのは、子ども目線でおもしろいと感じられる観光スポットに、親が変えてあげることです。

ちょっとした声掛けが大切なので、親だけが楽しむんじゃなくて子どもも楽しい場所なんだと言うことを伝えられると良いです。

また、子どもの機嫌に合わせて行動することも大切です。例えば「うちの子はたぶんこのタイミングにお昼寝するだろう」という予測はある程度できると思います。

大人だけが楽しめるような場所に行くときは、お昼寝のタイミングに合わせるとぐずったりせずに行動できますよ。

たくさん紹介しましたが、まだまだ鎌倉に観光スポットはたくさんあります。ホテルで一泊しても語りつくせないほど!計画をしっかりと立ててたくさん見て回れると良いですね(^^)

アイキャッチ画像
【鎌倉駅周辺】オムツ替えできる場所27ヶ所&緊急時の対処法鎌倉駅周辺でオムツ替えできるカフェや、レストラン、公共の場所など27ヶ所と、授乳できる場所をご紹介しています。ぜひ、赤ちゃん連れでも楽しく鎌倉観光してくださいね(^^)/...
アイキャッチ画像
【厳選】鎌倉で子連れランチを楽しめるお店16選鎌倉で子連れランチを楽しめるお店を紹介しています!キッズメニューあり、ベビーカー入店OK、授乳室など嬉しい情報を集めました。鎌倉でおしゃれランチを堪能してください(^^)...
ABOUT ME
かめちゃん
かめちゃん
鎌倉が大好きな2児の母。 子連れで鎌倉を観光する大変さを実感。かまくらいふでは、子連れでも鎌倉を楽しむ方法や、ランチ、モデルコース、観光スポットなどの記事を書いています。
こちらの記事もおすすめ!