習いごと

「料理が苦痛だ」の著者、本多理恵子さんの料理教室に行ってきました!

『料理が苦痛だ』、『ようこそ「料理が苦痛」な人の料理教室へ』などの著者であり、2019年にはフジテレビの『セブンルール』にも出演している本多理恵子さん。

以前は自身が経営する「Café Rietta(カフェ リエッタ)」でランチを提供していましたが、現在は見学型の料理教室「お気軽料理サロン」を開催。全国から受講者さんが訪れるほど人気です。

90秒チャーハン、一発天津飯、皮パリパリチキンソテーなど気になるレシピが多数あります。今回はご縁があって、本多さんの「お気軽料理サロン」に参加させて頂きました。

その時の様子をレポートしていきます。人生初の料理教室!著名な方のサロンで料理を習えるなんて楽しみです(^^)

 

「お気軽料理サロン」に行ってきました!

開催場所カフェ  リエッタへのアクセス方法


鎌倉駅から徒歩7分。小町通りの鎌倉まめやから左に曲がり、教会を通り越え、サムライスープカレーの近くです。

営業時間と住所

住所鎌倉市雪ノ下1丁目2-5
電話0467-23-5360
営業時間現在はカフェ営業はしていません。料理教室は予約制です。
公式ホームページhttps://rietta.me/

 

カフェ リエッタに到着

こちらが自宅を改築して作られたという「カフェ リエッタ」。何だかおしゃれで落ち着く雰囲気。楽しみ〜!

お店に入ると本多さんが笑顔で出迎えてくれます。一人参加で初めてだったので、ちょっと緊張していましたが一安心。

あっ!早速、本多さんの本を発見!ここでも本は購入できるようでした。店内には大きなテーブルがひとつあり、最大8名(現在はコロナ予防の為6名)まで一度に習うことができます。

この日は既に受講生がいたので写真撮影は控えましたが、明るくて清潔感のあり居心地のいい店内。

席にはその日のレシピとボールペン、お水、お菓子が置かれています。普段は食事の最後にデザートを頂くようなのですが、コロナ対策で滞在時間を短くする配慮でお持ち帰りお菓子が付いていました。この配慮が嬉しい!

この日の流れ

10:30 料理スタート!

11:10 料理終了、説明やインフォメーション

11:20 配膳準備、受講生フリータイム

11:30 食事タイム

12:00 解散

こんな感じのタイムスケジュールでした。日によって違うと思いますが、料理を学んで美味しい物を食べて、サクッと帰れる。手ぶらで参加して、調理片付け一切なし!全く疲れないので、日常に戻れます。

早速、料理教室スタート!

テーブルのすぐ近くで、料理見ることができます。立って近くで見るもよし、メモをとるもよし、質問もOK。基本自由でリラックスした雰囲気で行われます。

レシピや分量はテーブルに置かれていた紙に書かれているので、自分で気になった点だけメモをとれば大丈夫です。

この日のメニューは、

  • 新ショウガご飯
  • ヨダレ鶏と万能ダレ
  • 香味野菜とチーズ揚げ餃子
  • 長芋即席漬け
  • 玉ねぎマリネ
  • 和風味玉
  • ピリ辛もやし
  • ビスコッティ(口頭での説明)

うーん。どれも美味しそう。旬の野菜を使ったレシピが学べるのは嬉しいですね。

まずはよだれ鶏を作っていきます。お肉に砂糖や塩や酒をまぶして、冷蔵庫で保存します。調味料をまぶす順番にコツがあって、その辺も丁寧に教えてくれます。

そして「袋で作ると簡単」など、とにかく料理がラクになるポイントを教えてくれるので有難い。よだれ鶏って面倒なイメージでしたが、これなら超簡単!

お次は新ショウガご飯。実際に作る時は炊飯器でいいそうですが、今回は見やすくする為に鍋で炊きます。材料を切って入れるだけ。

玉ねぎマリネを製作中。こちらは超簡単。南蛮漬けにしたり、トマトやきゅうりのスライスしたものにのせるだけでもおしゃれなサラダになります。

本多さんは冷奴にのっけるのにハマったそうで、玉ねぎマリネと食べると豆腐一丁食べれちゃうそうです。

こちらは香味野菜とチーズの揚げ餃子。餃子の皮に大葉とチーズをのせて包むだけ。水もヒダもつけません。ミョウガを一緒に入れるのもおすすめ。

ホームパーティーでホットプレート料理をするなら、これを端っこで焼いているだけでつまみとして喜ばれるそうです。ご家族二人で100個食べた人もいるとか。

そうこうしている間に、あっという間にご飯が炊き上がりました。いい香り〜!美味しそう〜!

料理が終わったら本多さんは配膳の準備をしているので、受講生だけで10分くらい歓談タイムに入ります。みなさん横浜や秋田から、何度もこの料理教室に通っているそうです。

「ここで習ったレシピはすぐに家で作ってます。家族が美味しいって喜んでくれるから嬉しい」「簡単だから忘れなくていい」など、みなさん料理を楽しんでいるようです。

そして「教室でよくナンプラーを使うから私も買っちゃいました。ナンプラー意外と使えますよ」「白だし便利!うちはここの白だし使ってます」「寿司酢より千鳥酢すると、まろやかだから砂糖使わなくなるよ」など、情報交換もすごい。

料理教室をきっかけに新しく使う調味料が増えたり、料理に興味をより持つようになったり、料理が好きになる「きっかけ」作りの場にもなっている印象です。

「料理が苦痛だ」という本に共鳴しているのに、気持ちが前向きに変わるってすごいですよね。

歓談しているうちに料理ができました〜!わ〜!美味しそう!この他にもよだれ鶏を作ったダシで作った、鶏ガラスープも付いてきました。

早速食べます。新ショウガご飯は、ショウガがアクセントになっていて美味しい!あげと昆布がいい仕事します。よだれ鶏はしっとり柔らか。タレともやしと一緒に食べると、また食感もプラスされて美味しい。さっぱりしているので、夏にぴったりです。

香味野菜とチーズの揚げ餃子は、鉄板で美味しい。ビールが欲しくなります。玉ねぎマリネは漬け込む時間は短かったのに、しっかりと柔らかくなっていて食べやすくてびっくり。これは沢山アレンジできそうです。

煮卵も長芋も美味しくて、大満足。
歓談タイムに引き続きの食事タイムだったので、受講生でおしゃべりして楽しめるのがまた楽しくて。

「人の作ってくれたご飯っていいわぁ〜」と私だけでなく、みなさん家事から解放されてこの時間を楽しんでいたのが印象的でした。

 

今後のスケジュール

最後、今後の料理教室のスケジュールを聞いて終了です。

メニューは2か月ごとに変わります。

9月10月は簡単チャーシューとそれを使ったチャーシューまん、冬瓜使い切りレシピ、ダマにならない自家製ホワイトソースでグラタンを作るそうです。

チャーシューは超人気レシピらしく、「お気軽料理サロン」の定番メニュー。それでチャーシューまんを作るなんて、絶対うまいやつ!次回も気になりますね。

予約方法と料金

「お気軽料理サロン」は、50分で料理8品を紹介し(うち実演4.5品)し、その後食事する教室です。メニューは、2ヶ月ごとに変わります。

参加費:5000円(税込・飲食代含む)
持ち物:なし
申し込み:好きな日を選んでネットで予約(単発も可能)

料理教室を予約する

オンラインサロンも開催中!

本多さんはオンライン上で『料理が苦痛だ』部を、主催しています。

『料理が苦痛だ』に共感&賛同してくれた人がつながるサークルで、思いを吐き出しつつ励ましつつ、毎日を楽しく乗り越える勇気とヒントがあふれる場を提供しています。

限定レシピの公開や、料理教室が割引で受講できたり、オンライン交流会も行なっているそうです。

オンラインサロンの詳細はこちら

 

お気軽料理サロンに行った感想まとめ

本多さんのお気軽料理サロンは、『気軽に行って気晴らしができる楽しい料理教室』です。

本多さん自身が毎日料理をする大変でを実感している方なので、いかに料理を楽にするか、楽しくできるかを教えて頂けます。

受講すると「これなら私でもできるかも」「これ家族も喜びそう」「ちょっとやってみようかな」という気持ちになれる。

そして受講生を含め、誰も料理が面倒だと思っていることを責めたりしません。むしろいかに楽に美味しい物を作るかを話せる場所。かなり居心地がいいです。

勉強にもなりますし、美味しい物が食べれられて幸せ♡

「家族に美味しいものを作ってあげたいけど、毎日大変」と思っている方は、ぜひ行ってみてくださいね(^^)

ABOUT ME
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で飲み歩いて、地元の人や観光客とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉一泊ハシゴ酒の旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事も読まれています