結婚式

【体験談】シーサイドリビエラで結婚式!控えめに言って最高でした

アイキャッチ画像

海の近くで結婚式をしたい、と思い見つけたのがシーサイドリビエラ。

2019年の夏に、シーサイドリビエラで結婚式を挙げました。結論から言うと、シーサイドリビエラで結婚式をして本当に良かったと思っています。

ただシーサイドリビエラにも、良いところも悪いところもありました。

ここではシーサイドリビエラで結婚式をした体験談や、式までの流れ、良いところと気をつけたい点など本音で口コミしていきます!

これからシーサイドリビエラで、結婚式を考えている人の参考になれば嬉しいです(^^)

ハナユメやゼクシィのサイトから下見を予約すると、かなり結婚式費用が割引されます。特にハナユメは割引額がすごい!無料で登録・利用できるので、結婚式費用を抑えたい人にオススメです!

 

シーサイドリビエラに決めた理由

私達は元々結婚式をする予定ではありませんでした。でもどうせするなら「海の近くで芝生でビールが飲みたい!」という理想を叶える事にしました。

なので結婚式場に求める条件は、
・海が見えること
・人が集まりやすい利便性
・提案してくれるウェディングプランナーがいること

この時期ではまだざっくりしていて、
とにかく海の見える結婚式場をしらみつぶしに見学する方法を取っていました。

なので式場は10件くらい見たんですが、結局決めた式場はシーサイドリビエラでした。

式場選びの決め手になったのは、

・海がすぐ近く
・芝生がある!
・ご飯が美味しい
・鎌倉駅から無料送迎バスがあり便利
・提案してくれるウェディングプランナーがいる
・やりたいことができる自由な式場
・カジュアルで楽しそうな結婚式ができそうだから

海の近くで便利な結婚式場は他にもあるんですが、海の側で芝生があるのは関東だととても珍しいと思います。

ここなら楽しい結婚式ができそう!と思い、散々悩みましたがシーサイドリビエラに決めました。

 

シーサイドリビエラに決定するまでの流れ

ブライダルフェアに行く

結婚式場を決定する前に、ウェディングフェアに行きました。

内容はその時によって違いますが、私の時はまずウェディングプランナーさんとお話をして、式場を色々見学して、再度お話をして不安や疑問を解決して、試食をして終了でした。もちろん試食は無料です。

昼の14時くらいに行ったんですが、終わったのがなんと20時!超長丁場の下見となりました。

試食のメニュー。結構おなかいっぱいになります。

ローストビーフは柔らかくて、とってもおいしかったです。

試食は前菜、お魚料理、お肉料理、お茶漬け、デザートと結婚式当日食べるコース料理を試食できました。さすが元料亭だけあって美味しい(^^)

式場を決める前に味を確認できたのは、とても安心できました。

ブライダルフェアでは結論は出せず、他にも10軒くらい式場を見て回ってから最終的にリビエラに決定しました。

 

結婚式当日までの流れ

シーサイドリビエラの横にあるロンハーマンカフェ

結婚式までの大まかな流れ

《5か月前》

  • 招待ゲストのリストアップ
  • ドレス選びスタート
  • 新婚旅行や、新居、指輪など準備しておく

《4ヶ月前~3ヶ月前》

  • 担当プロデューサーとの顔合わせ・挨拶
  • 前撮りの相談(外部に頼むときは無い)
  • 二次会の相談(外部に頼むときは無い)
  • ウェディングのイメージづくり
  • 引出物パンフレットから引出物を決める
  • ゲストの住所を聞いておく
  • ホテルなど予約
  • 挙式スタイルの決定
  • 招待状の申し込み
  • 司会者の手配
  • 手作りアイテム準備

《2ヶ月前~1ヶ月前》

  • 招待状の受け取り、郵送
  • 進行&BGM決める
  • 席次を決める、発注
  • 進行表の作成
  • トータルメイクリハーサル&写真撮影
  • ブーケ打ち合わせ
  • 各アイテムの仮決定(動画、料理、ドリンク、スイーツ、ペーパーアイテム、ギフト、フラワー、演出)

《2週間前》

  • 席次表の提出
  • 各アイテムの決定
  • 当日のスケジュール
  • プロフィールの提出
  • ゲスト着付けのご予約
  • 内祝いの手配

日にちを決める・予約する

リビエラで結婚式をする事を決めたら、まずは式場を日にちを決めて予約します。

希望通りの日にちが必ず空いてる訳ではなく、早い者勝ちです。なのでできれば早めに日にちだけでも抑えておいた方が確実です。やることさえ決定しているなら、変更は無料でできます(150日前までかな?)。

私達も1月の始めの方に見学に行ったんですが、もうその時にはその年の予約はかなり埋まっていました。特に人気の9月10月11月はいっぱい

結局あまり人気のない8月で、しかも大安ではない日になってしまいました。聞いた話ですが、1月は新年ということもあり結婚式の下見に来る人がとても多いそうです。

できれば式場選びは、結婚式の1年から1年半前に決めた方が良さそうですね(^^;)

シーサイドリビエラの披露宴会場は3つあるので、好きな会場を選んで日にちを押さえ、予約する際には内金として20万円支払います

もしキャンセルする事になっても、この20万円は戻って来ないので少しドキドキ。仮予約して後日20万円振り込み、無事本予約完了です!

打ち合わせ

いつも打ち合わせしていた場所

打ち合わせが始まるのは、結婚式から3から4ヶ月前からです。本予約下からといってすぐに打ち合わせは始まりません。

打ち合わせ回数は、大体8回前後
1回の打ち合わせ時間は2時間から4時間。内容によって変わります。

それに合わせて衣装合わせもしていきます。衣装打ち合わせは、打ち合わせする建物とは別のビューティーサロンで通常2、3回行います。

ドレスの数は色々なタイプがあるので、気に入ったものはちゃんと見つかると思います。

ドレスはすごい数です!

でも沢山ありすぎて目移りすると決められなくなってしまうので、予め希望のドレスのタイプは決めておいたほうが探しやすいと思います。(Aライン、プリンセスライン、マーメイドラインなど)

私は結局なかなか決めきれず、4日は試着に費やし、20回くらいは試着を繰り返したと思います。(予約制の為、1回で2時間までしか試着できません。2時間で5、6着試着可能です)

セットプランを使う場合ドレスの持ち込みはできませんが、安くなるセットプランを使わなければ持ち込みしてもいいようです。

打ち合わせの時は毎回宿題があり、いつまでにこれをやって来てくださいという目安があるので迷いませんでした。

実際に使っていた専用ページ

担当プロデューサーさんとのやり取りは、インターネットで専用のマイページで行います。

マイページは2つあって、担当プロデューサーさんとのやり取りするものと、結婚式の具体的な内容を設定したり発注するものです。(座席表やペーパーアイテムの発注など)

やりたいことの洗い出し、招待状の申し込みや、座席の決定、進行表を考えたり、料理やケーキ、会場の花など細かい会場設定、BGMの選定などなど。

カタログでテーブルの装飾やケーキなど決めていきます

決めなきゃいけないことは沢山あります。
決定していくたびに見積もりが出て来て、その度に睨めっこしていました。

遠方に住んでいる場合は日にちをまとめて行うこともできるのですが、これがなかなかハード。

結婚式の一週間前に、司会者さんや当日会場で手伝ってくれるスタッフさんと具体的な打ち合わせをして最終打ち合わせが終了します。

ここまできたら後は、楽しい結婚式になる事を想像するのみです!

 

結婚式当日の流れ

集合と挙式

挙式の3時間前に新郎新婦は会場入りします。

それから衣装に着替え、控え室で親族紹介を行います。そして挙式の流れをざっくりと説明され練習し、時間になったら挙式会場に移動し挙式スタートです!

実際の挙式会場では練習しないので、もう完全にしどろもどろ。スタッフの方に次はこうですよ、と指示を貰いながらの式となりました。

母にベールダウンしてもらい、父と腕を組みバージンロードを歩きます。ゲストとはここで初めての対面。

みんなの顔を見ると一気に緊張が溶けて、ちょっと安心。すでに泣いてる友人もいて、思わずもらい泣きでした。旦那のところまで行って、ベールアップして、神父さんの話を聞きます。

最初はカーテンが閉まっていますが、たぶん誓いのキスのタイミングでカーテンがあき海が一斉に見えます。私は緊張して覚えていませんが、すごく綺麗だったようです。

シーサイドリビエラでは、賛美歌を歌いません。その代わり神父さんの話は少し長めです。指輪の交換、誓いのキス、署名を終えると退場して挙式は終了です。

そこから外に出てフラワーシャワーを浴びながら花道を歩き、外で全員の記念撮影を行います。海がバックに写っていて素敵です。

ブーケトスを行い、披露宴会場に入場し、披露宴の開始です。

披露宴

私たちはテラスホライズンという、2階の海が一望できる会場でやりました。披露宴の流れは人それぞれ違います。

私たちは、

  • オープニングムービ
  • 入場
  • ケーキカット
  • 退場&お色直し
  • プロフィールムービー
  • 再入場
  • 腕相撲大会
  • テラスでケーキブッフェ&写真撮影
  • 手紙を読む
  • サンクスムービー
  • 両親へ花束贈呈
  • 新郎からのあいさつ
  • お見送り
  • 終了

という流れでやったんですが、かなり盛り上がりました!

プロフィールムービーの時にカーテンが閉まって外が見えない状態にして、再入場の時に海バックに外から入場したときは歓声があがりました。

あとはテラスでのケーキブッフェは、みんなとても楽しそうでした!お金をかけなくても、いろんな演出ができるのもシーサイドリビエラならではだと思いました。

大盛り上がりの中、披露宴は終了しました。

通常であれば、ドレスを着替えて、清算して終了です。ただ私たちはアクアガーデンで二次会だったので、ドレスを着替えて、清算して二次会会場に向かいました。

ここで今まで担当してくれていたスタッフさんとお別れです。なんだかさみしい。この半年が走馬灯のように思い出される。いやー、本当にありがとうございました!

二次会スタート!

二次会会場まで移動。移動中も夕日が綺麗でした!

二次会までの1時間半は、ゲストのみなさんには芝生でビール飲み放題で待っていてもらいました。私たちは大慌てで準備しましたが、やはりそれくらい時間かかりますね。

披露宴のプチギフトでビーチサンダルをプレゼントしていたので、みんなヒールや革靴を脱いでリラックスしてもらいました。(ちなみに披露宴で帰る人には、おみくじ付き大仏せんべいを渡しました)

子供が多かったのですが、待ってもらう場所が外で芝生だったので、逗子マリーナでヨットを見たり、シャボン玉で楽しそうに遊んでいて楽しそうに過ごしてもらえました。

みんなは芝生で待機してもらって、私たちは中から登場!また盛り上がります。それから芝生で乾杯し、中に入ってご飯を食べながら歓談。

落ち着いたら、早押しクイズ大会です!

チーム分けして、ジェスチャークイズや歌あてクイズ、新郎新婦にまつわるクイズを出してみんなすごい燃えてました。

クイズが終わったら最後芝生に出て、記念撮影をして、ずっと夢だった胴上げをしてもらいました!室内じゃできなかったと思うので、外が使える会場にしてよかったです。

最後アーチで退場し、お見送りしました。

あっという間の一日!
みんなの楽しそうな笑顔と、最高の景色に囲まれて、本当に幸せな結婚式でした。

 

シーサイドリビエラで結婚式をした感想

台風が近づいていたので天気が心配でしたが、無事晴れてくれました。海も夕日も綺麗に見えて、ゲストの方々もとても喜んでくれました。

結婚式ですからみんなお祝いモードで来てくれるので雰囲気はもちろんいいですが、それを後押ししてくれたのがやはり最高のオーシャンビューだったと思います。

再入場の時カーテンが開き、海が一気に見えた時の歓声は忘れられません。海があるからこそできた演出で、より気持ちを盛り上げてくれたと思います。リビエラならではの演出でした。

シーサイドリビエラは決して安い会場ではないので、やりたいことをすると費用がすごく上がってしまいます。

でも工夫をすれば、お金をかけなくても楽めるおもてなしは沢山あります。スタッフさんもすごく協力してくれるので、とても心強かったです。

あとは料理が美味しくて、ゲストの人たちもとても喜んでくれました。

本当に楽しく、夢のような結婚式をすることができました。

二次会が終わってスタッフさんに「リビエラで結婚式をして本当に良かったです!」と酔っ払いながら夫婦で感謝の気持ちを伝えました。

このロケーションとスタッフさんがいなければ、ここまで楽しい結婚式にはならなかったと思います。

沢山式場はありますが、個人的にはシーサイドリビエラでやって良かったので、ぜひ他の人にもお薦めしたいです(^^)

 

費用とコスパについて

私たちは最終的には大人83人、子供9人の結婚式で約400万円かかりました。両家の両親は家族がご祝儀を弾んでくれた為、自己負担額は結局100万円くらいにおさまりました。

これでもかなり費用は抑えました。その内容はこちらの記事で紹介しています。

最初は見積もり見て落ち込んでましたし、400万円という額だけ見ると結構かかったなぁ?と思いましたが、結局100万円ですんだ事と結婚式が余りにも楽しかったので最終的にはコスパは良く感じました。

アクセスと宿泊施設について

都内から鎌倉まで約1時間。そこからバスで15分ですから、やはり多少遠くはあります。

なのでたまーにゲストで遠いなぁとぼやいてる人はいました(^^;)打ち合わせも毎回遠くて大変ではありました。

二次会が終わると帰る人が多かったですが、友人が鎌倉駅前のゲストハウスを貸し切ってくれたので、朝までゆっくり飲むことができてとても楽しかったです。大勢で泊まったので、料金も割安でした。

鎌倉を楽しんでもらえるように手書きの鎌倉観光マップを送っていたので、次の日はみんなで海に行ったり小町通りを食べ歩いたり鎌倉を満喫して帰っていました。

遠い分、旅行気分を盛り上げるような演出をしておけば、かえって楽しんでもらえると思いました!

リビエラにもマンションを貸してくれて宿泊施設はありますが、周りにコンビニも飲食店もほぼないので鎌倉駅の方が居酒屋もカラオケもコンビニもあるので遊びやすいです。

シーサイドリビエラでホテルを建設する予定なので、それができたらリビエラのホテルも良さそうですね!

前撮りについて

前撮りはリビエラは高かったので、外部のフォトスタジオにお願いしました。

でも外部のフォトスタジオとリビエラのフォトスタジオでは、ヘアメイクさんの質が全然違いました。

外部のヘアメイクさんは少し古臭いというか、化粧は自分でやってもいいかなと思うくらいのレベル。時間もないし、ちゃっちゃとやる感じ。

リビエラのメイクさんは、普段の3倍くらいキレイになれます(笑)その分、時間もお金もかかりますが。

リビエラのメイクさんだとすごく丁寧にお化粧してくれますし、作り込み方が違う。こんなにキレイになれるのね!って感じでした。

なのでお金に余裕があるなら、リビエラで前撮りした方が仕上がりは綺麗になると思います。

シーサイドリビエラで気になった点

制限があり費用が高くなりやすい

リビエラはすごい高くも無いですが、安い会場でも無いと思います。会場を飾る装飾の花やドレスのレンタルが高め。

持ち込みができないものがあったり、持ち込み料がかかるなど節約はしにくく、やりたい事をやるとどんどん値段が上がってしまいます。

費用を抑える為に、お花やケーキは結構我慢しました。

分担制で契約した人と結婚式を作れない

リビエラは分担制なので、最初に説明を受けた人はそれ以降ほぼ会いません。

そして打ち合わせをするプロデューサーさんも、当日は最初と最後に挨拶するだけ。基本は別のスタッフが、結婚式をサポートしてくれます。

最初の勧誘の時には式でも一緒にいる感じで話しますが、実際は違います。

当日のスタッフさんもとてもしっかりしていて素晴らしいのですが、最初からお話していた人と結婚式を作れたら更に感動しただろうなぁと思ったりもします。なので少し関係はドライな感じがあります。

ただ二次会の担当者さんは、打ち合わせも当日の運営も一緒の人です。とても気配りができる人で、最後までしっかりやっていただきとても感謝しています。

メールの返信が遅い

基本メールの返信は遅いです。
質問しても3日くらい帰って来なかったりするので、私は直接フロントに電話して相談や確認をしていました。

練習が無いので、うまくできなくて後悔

挙式の練習は当日控え室でのみ。
慣れないドレスで何度も転びそうになりましたし、流れが全然わからないので私も両親もモタモタしてしまう場面がありました。

披露宴も説明のみで当日のイメージが全くできず、中座がグダグタになってしまったり、見送りの時いる位置がおかしかったり、前もって練習があれば避けられるアクシデントが多かったです。

できればドレスで歩く練習もしたかったですし、会場で流れを確認できたら嬉しかったです。

天気がずっと心配だった

もし雨が降ったらせっかくの海ロケーションも台無しです。ゲストの人も来るのが嫌になってしまうのでは?!と思いずっと天気の心配をしていました。

結婚式が近くなると台風が発生してしまい、このままだと最悪のパターンにもなりかねない…と思いやきもきしていました。

結局台風はそれ、夕日もバッチリ見れるくらいの晴天でした。稀に台風にぶつかって延期になってしまう人もいるみたいです。

雨でも挙式会場から披露宴会場まではアーケードがありますし、傘も用意されているので濡れることはありません。梅雨であれば紫陽花も綺麗です。

でも、できれば晴天率の高い10月11月に結婚式ができればベストですね!

それでは他の人の口コミ&体験談も少しご紹介します。

 

みんなの口コミ&体験談

「みんなのウェディング」さんの総合評価は、4.34。費用の平均は約403万円でした。

スタッフのみなさんが温かい、素敵な式場

みなさんとても良い方たちでした!
打ち合わせの際、心配事など無いように手配をしてくれたり、お電話をしてくれました。

メイク、ヘア、カメラマン、介添え、当日スタッフ、みなさんとてもフレンドリーで、色んなお話をしてくれました。

また、どのスタッフの方も色々な仕事が出来、色んな場面でフォローして頂きました。違うスタッフへの引き継ぎもとても良くできていたと思います。安心して任せられました。

ピアノが弾けるので、ピアノ演奏の提案がありましたが、どんなピアノなのか、ドレスを着て弾けるのか…と心配していた所、2回もリハーサルの時間を設けて下さいました。

親戚にも、相手側の親戚にも聴いてもらう機会はなかなかないと思うので、やってよかったと今では思っています。デッキを使用した演出も色々提案して頂けて良かったです!引用:みんなのウエディング

 

海の近くで最高の結婚式

挙式会場はとても開放的で、海がとても綺麗に見えました。青のバージンロードは会場の雰囲気ととても合っていて、白いドレスがとても良く映えると感じました。挙式の後のバルーンリリースや再入場後のフラッシュモブはとても盛り上がった。

会場見学に来た時からプランナーの人がとても親切で、打ち合わせも毎回楽しく行うことができました。当日も会場のスタッフの方々が頑張っていただいたおかげで理想の披露宴になりました。引用:みんなのウエディング

 

海と癒しの時間をゲストと過ごせる

挙式会場はオーシャンビューで、ゲストを含め式を挙げる私たちも感動しました。披露宴会場に移動中、あいにくの雨に見舞われましたが通路に屋根があり濡れずに移動できました。

また、ブーケトス・ブロッコリートスも披露宴会場内で行うことができ、安心しました。披露宴での料理はどのゲストの方からも「すごく美味しかった」と高評価でした。

私達も一口いただいた瞬間、「美味しい!」と思いました。披露宴中は絶え間なくゲストの方々が近くに来て下さるため、合間にナイフやフォークを使用してカットしている間がなく美味しい料理を一口食べるので精一杯だったことが残念でした。
引用:みんなのウエディング

みんなそれぞれ思い出に残る結婚式になったようですね!

私たちにシーサイドリビエラは、本当に素敵な思い出の場所になりました。これからも記念日などにリビエラのレストランで食事したり、イベントに参加したり関わっていきたいと思っています。

沢山の夢や理想を叶えてくれたスタッフさんや、結婚式を盛り上げてくれたロケーションに本当に感謝です!

鎌倉で結婚式を挙げたい!海の近くで結婚式を挙げたい人は、ぜひ見学に行ってみてください。きっと気にいると思いますよ(^^)

ハナユメやゼクシィのサイトから下見を予約すると、かなり結婚式費用が割引されます!特にハナユメは割引がすごい!無料で登録・利用できるので、結婚式費用を抑えたい人にオススメですヾ(*´∀`*)ノ

長くなってしまいすみません!
以上シーサイドリビエラの体験談でした。参考になれば嬉しいです。

 

シーサイドリビエラの概要

住所:249-0008 神奈川県逗子市小坪5-23-16
電話:0467-23-2211
営業時間:11時~18時(平日)9時~19時(土日)
定休日:火曜日
公式ホームページ>
駐車場あり
マップコード 8 156 112*4

アクセス方法

土日祝日は無料送迎バスを運行
JR横須賀線鎌倉駅東口 ⇒ 7番乗り場 無料送迎バス発着所
⇒ 「リビエラプラザ前」下車すぐ

無料バス時刻表

鎌倉駅(東口)から ※平日

JR横須賀線鎌倉駅 東口 ⇒ 京浜急行バス「7番」乗り場「小坪経由・逗子駅」行き(約12分)⇒ 「小坪」停留所下車 ⇒ 左手に進み道路をくぐって商店街を抜ける(徒歩7分)

逗子駅(東口)から

JR横須賀線逗子駅 東口 ⇒ 京浜急行バス「7番」乗り場「小坪経由・鎌倉駅」行き(約12分)⇒ 「リビエラ逗子マリーナ前」下車すぐ(徒歩1分)

逗子駅(北口)から

京浜急行新逗子駅 北口 ⇒ 京浜急行バス「4番」乗り場「小坪経由・鎌倉駅」行き(約12分)⇒ 「リビエラ逗子マリーナ前」下車すぐ(徒歩1分)

車の場合

最寄のICは『朝比奈IC』です。

第三京浜又は首都高速横羽線 ⇒ 横浜新道 ⇒ 横浜横須賀道路を横須賀方面へ向かい、朝比奈IC降りる ⇒ リビエラ逗子マリーナ

首都高速・横浜IC降りる ⇒ 保土ヶ谷バイパスを横須賀方面へ向かい、朝比奈IC降りる ⇒ リビエラ逗子マリーナ

ABOUT ME
hitomi
hitomi
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で食べ飲み歩きをして、地元の人とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉、食べ飲み歩きの旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事もおすすめ!