2020年鎌倉の七夕の祭り&イベント情報|鶴岡八幡宮では七夕祭を開催!

鎌倉では「七夕祭り」のイベントは、例年行われている鶴岡八幡宮の「七夕まつり」と、2020年から始まった鎌倉宮の「七夕祭」です。

それ以外は各自治体で行われる場合もありますが、例年行なっているのは鶴岡八幡宮だけの様です。

2020年はコロナウイルス感染防止の為、各自治体での七夕祭りは自粛されていて、鎌倉観光協会に聞いたり調べた限りでがありませんでした。

鶴岡八幡宮ではすでに七夕飾りが始まっていて、七夕ムードを盛り上げてくれます。ここでは鶴岡八幡宮の七夕祭りの様子や、鎌倉の七夕の街の風景、限定の御朱印などを紹介します(^^)

鶴岡八幡宮の七夕まつり

鶴岡八幡宮の七夕まつりの様子

二の鳥居から七夕飾りが始まります。

本宮にもカラフルな飾り付けが!本宮や舞殿には、くす玉や吹流しなどが笹竹に飾られます。

若宮にも。こちらは短冊もあって、可愛らしい。

舞殿の近くの大祓自祓所では、茅の輪くぐりもやっています。これで災厄を免れます。

舞殿では願い事も

7月1日~7日までの期間、「縁結び・良縁」祈願の鈴懸神事を受けることができます。例年は舞殿で行われますが、今年はその近くの大祓自祓所で行なっています。

鈴懸真珠は、午前10時から午後4時まで。7月いっぱい行なっていてい、来月以降は未定だそうです。7日は17時からの祭典があります。

そして舞殿では絵馬や色紙に願い事を書いて、五色の紐で結びます。

梶の葉をかたどった色紙や、短冊型の絵馬、鳩型?の絵馬に願い事を書きます。

鳩型?の絵馬、可愛い♡中も見えないので、恥ずかしいお願いごともOK!笑 本当に鳩なのかは、今度ちゃんと調べてきますね。

鶴岡八幡宮の七夕祭りの日程

鶴岡八幡宮の七夕祭りは、7月1日から7日まで。6月末から少しづつ飾りが始まっています。

出店は例年は出るけど2020年は…

例年は出店が出ているそうですが、2020年は出店は鶴岡八幡宮の人でもわからないそうです。少し出るかもしれませんが、わかりませんとのこと。もし出店が出ていたらラッキーですね。

七夕の限定御朱印はありません

鶴岡八幡宮では七夕祭り限定の御朱印はやっていません。ただ鎌倉宮は、限定御朱印をやるようですよ。

鶴岡八幡宮の七夕まつり|鎌倉、夏の風物詩。巫女による神楽が素敵毎年7月に鶴岡八幡宮で行われる「七夕祭」。鎌倉の街には七夕飾りが飾られ、七夕ムードを盛り上げてくれます。ここでは、鶴岡八幡宮の七夕祭の様...

 

鎌倉宮の七夕祭

鎌倉宮の七夕祭は大きな七夕飾りなどはなく、地元の人達でのんびりと楽しむお祭りです。

7月7日は14時から神事が行われ、手水には五色の吹流し、そして当日は短冊に願い事が書けます。出店は出ません。

七夕限定の御朱印が登場!

毎月限定の御朱印をやっている鎌倉宮では、7月7日限定の御朱印を頂けます。御朱印帳を集めている人は必見ですね。

『鎌倉宮の七夕まつり』七夕限定の御朱印があるのは鎌倉ここだけ!鎌倉宮の七夕まつりの様子をご紹介します。七夕まつり限定の御朱印は必見です!...

 

若宮大路の豊島屋では七夕飾りも

若宮大路の豊島屋本店では、七夕飾りもやっています。

なんと飾りが鳩!かわゆい♡


豊島屋では天の川を錦玉で織姫彦星を雲平で表した『星乃橋』や、七夕の上生菓子が販売されています。販売は、7月7日まで。とっても可愛らしいですね。

鎌倉では仙台や平塚のような大きなお祭りはないですが、七夕の雰囲気は味わえます。

浴衣が街歩きもとっても素敵ですよ♫気になる人はぜひ行ってみてくださいね(^^)

こちらの記事も参考にどうぞ♫

【鎌倉の着物&浴衣レンタル】全15店を徹底比較!安い&おすすめのお店を紹介♫鎌倉の着物レンタル屋さん全15店の価格や、ヘアセット有無、着物の種類、手荷物預かりの有無、カップルでも大丈夫かなど細かく比較していきます!...
鎌倉観光スポットランキング!おすすめから穴場まで36選!見所全部丸わかり♫鎌倉の定番観光スポットのランキングや、行って良かったおすすめ観光スポット、ツウが行く裏スポット、デートや写真撮影にぴったりの絶景ポイントなどをご紹介します♫...
【鎌倉で絶対食べたいランチ10選】地元民が実食&厳選しておすすめ!実際に食べて、美味しいと思った場所だけ厳選!2000円以下で食べれる、鎌倉の美味しいおすすめランチを紹介します。...
ABOUT ME
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
ひとみ@勝手にカマクラ応援団長
《かまくらいふ編集長》 世界52カ国を旅した旅マニア。鎌倉で結婚式をあげ、北海道から移住しちゃうくらい鎌倉好き。趣味は鎌倉で飲み歩いて、地元の人や観光客とお話すること。最後に流れ着いた地「鎌倉」で、「鎌倉一泊ハシゴ酒の旅」を世の中に広める為に奮闘中。
こちらの記事も読まれています